山本勘助(大尾)

 浮世絵のオークション資料を見ていたところ、国芳の三枚続の武者絵がありました。瞬間的に、千曲川にて両軍対峙する川中島合戦の浮世絵かと思ったのですが、子細に検討すると、蘇我馬子と聖徳太子方が物部守屋方を攻め立てようかという構図でした。そこで関心が失せてしまったのですが、数ヶ月が過ぎたこの頃、この蘇我氏と物部氏の争いが、川中島合戦の浮世絵の背景には隠されているのではと気付いた次第です。といって、いまさら、先の作品は手に入りません…

 用明天皇が崩御した年(587)、崇仏派の蘇我氏と排仏派の物部氏の最後の戦いが行われ、物部守屋と中臣勝海は敗れ去ります。日本書紀にも記される有名な話ですが、その際、聖徳太子が仏教を守護する四天王に戦勝を祈願したことから、守屋は迹見赤檮(とみのいちい)に矢で射られ、秦河勝(はたかわかつ)に首を切られることとなります。蘇我氏の勝利という結果となり、戦後、聖徳太子は、四天王寺を建設します。

 武田信玄が諏訪大社の旗を本陣に立てている作品は多いですし、自身、諏訪法性の兜を被っています。諏訪神社の御神山は、守屋山(物部守屋神社)ですので、物部氏側と見ることができます。つまり、神社側です。これに対して、上杉謙信は、四天王の代表・毘沙門天の化身といわれ、また、「毘」の軍旗に守られています。さらに、幼少より仏門に帰依し、一生独身の武将です。ということで、蘇我氏側、つまり、寺院側です。浮世絵作品でも、善光寺を背景に陣を敷くのは上杉方と決まっています。

 では、上杉謙信が聖徳太子の見立てで、武田信玄が物部守屋の見立てなのかというと、そのように見る向きもありますが、私は物部守屋に見立てられているのは、血戦の場では、山本勘助の方ではないか考えています。川中島合戦で落命する勘助は、浮世絵の中では、数多くの矢を射られ、槍で突かれ、最後には首を切られて絶命する、壮烈な死を迎えるのですから。少なくとも、守屋と見立てられてもおかしくない、信玄の身替わりとなっています。

 浮世絵作品における山本勘助は、信玄の陰の部分を担っているからこそ、五体不虞の軍師として登場するのです。ところで、勘助が進言・実行したとされる「啄木鳥(きつつき)の戦法」も、物部守屋の怨霊伝説と深く係わっています。聖徳太子が建立した四天王寺を、守屋は死後数千羽の啄木鳥となって襲ったといいます。それに対して、太子は、鷹をもって啄木鳥を撃退したと伝えられています。勘助を守屋と見立てれば、勘助の「啄木鳥の戦法」も素直に理解できます。また、謙信に見破られる結末も折り込み済みです。

 なお、この勘助の壮絶な死は、後に、薩長あるいは明治政府軍に敗れる幕府軍側に擬(なぞらえ)られ、戊辰戦争の浮世絵へと繋がっていくのです。勘助が浮世絵の中で縦横な活躍を見せるのも、川中島合戦の見立ての多様性からきているのでしょうね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

山本勘助(8)

 人形浄瑠璃・歌舞伎に太閤記物と呼ばれる一系統があります。豊臣秀吉の一代記に取材したもので、享保四年(1719)、近松門左衛門の『本朝三国志』を嚆矢とします。『本朝三国志』という題名からも判るとおり、中国の『三国志』の焼き直しともいえます。

 また、川中島合戦物ということからいえば、やはり、近松門左衛門の人形浄瑠璃『信州川中島合戦』が享保六年(1721)に初演されており、二段目では、武田信玄が劉備玄徳の三顧の礼を学んで雪の中に山本勘助の住まいを訪れる場面が出てきます。この点から見ても、川中島合戦物も『三国志』を下敷きにしているということが理解できると思います。

 ところが、太閤記物と浮世絵との観点でいうと、喜多川歌麿の大判三枚続の浮世絵『太閤五妻洛東遊観之図』が幕府の取り締まりに触れ、文化元年(1804)、歌麿の作品は絶版、すでに刊行されていた読本『絵本太閤記』までも絶版を命じられ、歌麿自身も手鎖五十日の刑等を受けています。ここに、太閤記物が浮世絵の世界で大きく展開する可能性が摘まれてしまいました。

 さて、このような前段があって、その後、天保の改革の直後から、川中島合戦の浮世絵が歌川派の絵師等によって多数制作されます。美人や役者の浮世絵への規制がきつく、比較的規制の緩い武者絵に注目が当たったのかもしれませんが、太閤記物への展開が事実上不可能であったことが原因して、庶民に要望の多かった三国志の本朝版として、川中島合戦の浮世絵が多数制作されたのではないでしょうか?

 したがって、武田信玄には軍師山本勘助が必要になるのです。ただし、そこからさらに一歩進めたのが、国芳とその版元達の知恵であったように思われます。すなわち、太閤記そのものも川中島合戦に重ね合わせてしまったのではないかという疑いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

山本勘助(7)

 前回紹介した国芳の『東海道五十三対 御油 山本勘助草庵』のアイデアは、すでに寛政九年(1797)、秋里籬島『東海道名所図会』のなかに見ることができます。そこでは、「三州牛久保山本勘助故居」(さんしゅううしのくぼやまもとかんすけのこきょ)と題する図絵があり、隻眼の勘助が雪降り積もる山中の芳蘆にて書を読んでおり、武田晴信(信玄)が軍師として迎えるため、家の門に在来している様が描かれています。「三顧の礼」を思い起こす図柄です。

 ただし、晴信と勘助の出会いを「三顧の礼」に準えるのは、『東海道名所図会』の考案かというと決してそうではなく、享保六年(1721)初演、近松門左衛門の人形浄瑠璃『信州川中島合戦・二段目』にあり、そのなかでは、勘助の老母越路を説いて主従の約束をする展開となっています。また、明和三年(1766)には、信州川中島合戦を先行作とする『本朝廿四孝』が初演されているので、雪中での筍掘りも周知のこととなっています。

 こうして見ると、国芳の当該絵柄は、先行する人形浄瑠璃や歌舞伎狂言を受けて描かれ、すでに『東海道名所図会』などによって、ある程度完成されているイメージに基づいていることがよくわかります。このことは重要な観点で、国芳が歴史的事実を直接武者絵として仕立ててはいないということです。

 三代豊国などの作品の場合、歌舞伎狂言や戯作などが下敷きにされていないか探りますが、国芳の武者絵や広重の風景などについては、この観点をわりと見落としがちです。川中島合戦の浮世絵など、歴史的事実と異なって描かれていることしばしばですが、これは当時庶民に流布していた歌舞伎、講釈などのドラマ(フィクション)を描いているということを思い起こせば、十分に納得できる事態なのです。浮世絵は事実ではなく、真実を伝えるものなのです。

 江戸庶民周知の『本朝廿四孝』の「筍掘り」の場面は、後の山本勘助と直江山城守が登場します。したがって、役者絵としてではなく武者絵として制作する場合でも、川中島合戦に軍師山本勘助を登場させた際、実際に居たかどうか不明でも、均衡するように、知将直江山城守も描かれます。描かなければ、かえって批判されてしまうかもしれませんね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

山本勘助(6)

53tsui1 左の浮世絵は、歌川国芳の『東海道五十三対 御油 山本勘助草庵』と題する大判錦絵です。絵柄の解説は次回以降に譲るとして、今回は、作品に付されている書き入れに注目してみます。

 なかでも、最後の締め部分「或人伝…其頃名高き竹中穴山佐奈田など此山本勘助が門子とぞ聞えし」という部分を考えてみましょう。

 竹中(半兵衛)は、豊臣秀吉が織田信長の家臣時代の軍師で、秀吉の出世を支えた名軍師です。つぎに、穴山(梅雪)は、武田二十四将の一人で、勘助亡きあと、その外交能力を生かし、武田勝頼を補佐した武田家の重鎮です。最後の佐奈田は、父昌幸、その子信繁のいずれか定かではありませんが、昌幸は関ヶ原の合戦直前、秀忠の徳川軍本体に勝利した強者ですし、信繁は幸村としての方が有名で、大阪冬夏の陣で徳川旗本勢を散々に蹴散らした知将です。

 これら三人は、いずれも親徳川的軍師ではなく、竹中は豊臣側人物、穴山は武田から徳川に寝返ったのですが、それ故、徳川が一目置かなければならない人物、佐奈田は反徳川的人物です。これらの師が山本勘助であるというのですから、江戸庶民にとっての勘助人気は、ただ単に武田の名軍師というだけではなく、徳川に何か一矢を報いたい思いが潜んでいるのではないでしょうか?

 この東海道五十三対の作品は、天保の改革の後に版行されていますが、天保の改革以後の国芳作品の特徴は、改革あるいは幕政を揶揄することによって、大いに人気を得ているということです。山本勘助の活躍は、川中島合戦の浮世絵の一つの核をなしています。でも、その本当の理由は、戦国の英雄的軍師という単純なところにあるのではなく、改革や幕政への風刺を仮託された人物として扱われていると読み解いてみました。

 とすると、山本勘助の活躍に共感する江戸庶民は、これら浮世絵の背後に具体的には何をみているのでしょうか?ヒントは、天保の改革後、弘化初年頃より国芳が使用し始める、そしてこの浮世絵にも押されている、桐のマーク「芳桐」です。つまり、五三の桐・豊臣、太閤記です。この点については、また、機会を改めて…。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

山本勘助(5)

Kenshin NHK大河ドラマの『山本勘助』にいよいよ、Gackt上杉謙信が登場します。当地(長野県飯綱町) は新潟県境に近いので、信玄よりは謙信に親しみを感じています。

 左の浮世絵は、歌川芳年(一魁斎)描く謙信像で、上杉家の家紋の入った法衣、桐をデザインした兜姿です。美男に描かれています。改印よりすると明治元年の版行となっていますから、室町幕府再興を願い、天皇家にも忠実であった謙信は王政復古がなった時節には格好の題材です。

 謙信が手を翳して遠くを見やる風に描かれているのは、背景の城から立ち上る煙とも考え合わせると、第四回川中島合戦において勘助の「きつつき戦法」を見破った瞬間と思われます。すなわち、煮炊きの煙から武田軍が動くのを悟った故事です。

 しかし、戦上手の信玄が上杉陣営に簡単に悟られるような軍事行動を取るとは考えにくく、これも謙信伝説の一つと考えています。推測ですが、武田軍は堂々と煮炊きをしていたもので、これは退陣の準備であったのでしょう。それがどうして、本陣同士が直接ぶつかり合う程の大戦になったのか?この点が勘助の戦術が失敗したのかどうかの帰趨を決する点です。

 川中島合戦が甲陽軍鑑に記されているように旧暦9月10日なのか、それともその他の資料にあるように9月4日なのか、それによって前夜の月明かり、当日の朝霧など自然条件に違いが生まれてきます。意外にも、気象条件が開戦の口火となった可能性があります。ただし、この日付自体も、武田上杉両家の伝説化の中で作られたものかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本勘助(4)

 『本朝廿四孝』を題材にした浮世絵(役者絵)では、山本勘助は、「筍掘り」の場面の、両眼の勘助として描かれるものがほとんどです。話のなかでは、その後、勘助は右目を抉って、隻眼となります。一方、武者絵に描かれる勘助では、潰れている目は、右目あるいは左目、とくに決まっていないようで、作品によって異なっています。
 最近、「左目に隠された神秘の超常能力」(『ムー四月号』学習研究社)と題する文章を見る機会がありましたが、左目と超能力との関係を述べるなかで、勘助は左目が悪く、左目が悪い人は能力者が多いと結論づけています。勘助を超能力者として構成しようとすれば、右目一眼の勘助像ができあがることになります。
 これは、たびたび述べていることですが、人物像は、それを創り上げた人の思いを託されて生まれてきます。『甲陽軍艦』において、五体不虞、隻眼と記述される軍師勘助に託されたものは何なのか、これを慎重に読み解くことが肝要です。実は、『甲陽軍艦』は武田信玄を名将として描くことが一つの目的とされているようです。したがって、信玄像と勘助像とは一対のものとして理解する必要があります。
 近松門左衛門の『信州川中島合戦』では、武田信玄は劉備玄徳の三顧の礼を習って、雪中に諸葛亮孔明に擬せられた勘助を訪れます。これなどもその典型で、名将武田信玄あっての、名軍師勘助です。
 詳細は、また、別の機会に触れるとして、先ほどの『ムー』によれば、山本勘助と宜保愛子の知られざる共通点が、実は左目が不自由であったことであるとされています。「見えない世界」がブームになりつつある今日、勘助がこういう形で再登場するとは、私も想像していませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山本勘助(3)

Kansuke51 左の浮世絵は、文久元年(1861)十月改め、歌川(三代)豊国の短冊絵シリーズにある作品です。短冊には、「百姓 横蔵 後ニ山本勘助」とあり、「積雪や雀の 眠く藪の中 芝翫(成駒)」とあり、『本朝二十四孝』の「筍掘り」を題材にした、中村芝翫の役者絵であることがわかります。

 『本朝二十四孝』においては、母は横蔵を長尾景勝の身代わりとするつもりで、死装束を与え、因果を含め詰め腹を切らせようとするのですが、横蔵はこれを拒み、右目を抉って人相を変え、身代わりを避けます。隻眼の勘助誕生ということで、江戸庶民納得の筋立てといえましょう。

 山本勘助は、武田二十四将の一人に数えられています。もちろん、伝説の軍師として、武田信玄に対する忠義がたたえられてのことですが、その二十四という数字は中国における孝行者二十四人を採り上げた『二十四孝』の物語からきています。ただし、中国では「孝」が重要な主題になっていますが、日本では「忠」が強調されるため、話の流れは全く異なったものになります。

 したがって、本朝二十四孝の兄・横蔵、あるいはとくに弟・慈悲蔵は、孝行息子のようですが、結局は主君に対する忠義を全うする結末へと進みます。もちろん、そうでなければ、江戸幕府のお膝元、歌舞伎の舞台にはかけられないでしょうけれど。

 なお、上の作品は、横蔵と描かれていない慈悲蔵とが、筍掘りで掘り当てた箱(中身は足利家の白旗)を取り合いしている場面を描いています。これを見た江戸庶民には、歌舞伎舞台の全景が想像できたことはもちろん、具体的な表現を避けた結果、自分流の狂言を他の人に物語るきっかけにもなったのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

山本勘助(2)

Kansuke4a  広重の保永堂版・東海道五十三次の各宿場町風景に、関連ある役者を配した浮世絵シリーズとして『役者見立東海道五十三駅』という作品があります。絵師:歌川(三代)豊国、彫師:横川竹次郎、摺師:大海屋久太郎、年代:嘉永五年(1852)となっています。

 その中の「御油」(ごゆ)が「山本勘助」に当てられていますが、これは、勘助が御油(三州牛窪)出身であるという伝説があるからです。そこで、右図のとおり、三桝大五郎が演ずる『本朝二十四孝』(ほんちょうにじゅっしこう)の勘助が描かれる運びとなります。

 この歌舞伎狂言では、「筍掘り」(たけのこほり)の場面が有名で、それは、冬の雪の中、母のため筍掘りをしていたところ、意外にも、足利(源氏)縁の白旗を見つけてしまったという話です。したがって、画中の勘助は、白い旗を肩にかけています。また、この時点では、勘助は隻眼ではありません。後に右目を自分で潰すことになりますが、その点については、『本朝二十四孝』を参照していただければと思います。

 じつは、この歌舞伎は、中国の親孝行物語で、孟宗竹(もうそうだけ)の語源となった「孟宗」の説話が元になっています。そのため、背後の旗差しが竹で描かれているというわけです。ちなみに、勘助の着物の柄には武田菱が染め抜かれていますが、孟宗の筍掘りを勘助の狂言に持ってきたのは、竹と武田(軍師)とを掛けたのでしょうか、それとも、母に対する孝を描きたかった偶然の結果に過ぎないのでしょうか?

 いずれにしろ、宿場の「留女」を描いた広重の風景画がここまで変容するとは、広重自身もたぶん想像していなかったことでしょう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

山本勘助(1)

Kansuke2 NHK大河ドラマにおいて、いよいよ風林火山の山本勘助が始まりました。その第二回目で、勘助は「大林」姓から「山本」姓の勘助に復したわけですが、実の父母もなく、兄弟に命を狙われ、隻眼、片足も悪いという風貌です。
 ところで、役者絵をベースにした浮世絵に登場する勘助には、母が登場しますし、兄弟との関係では、勘助の方が暴れ者で、しかも両眼です。国芳などの武者絵をベースにした勘助像は、隻眼、片足不虞の武将として描かれていますが、これは、『甲陽軍鑑』の記述にしたがったものといえましょう。
 大河ドラマは、一定の事実に基づきつつも、やはり、ドラマですから、当然に脚色が施されています。同じ事は、浮世絵の表現においてもいえることで、役者絵ならば、狂言仕立てになっているわけですし、武者絵ならば、伝説化の作業が施されているわけです。同じ勘助を扱っていても、現代の視聴者や江戸庶民から仮託された思いの違いによって、勘助の風貌、容貌、活躍などは違ってきます。
 江戸時代では、隻眼の勘助には、異能の人、したがって軍師に相応しいイメージが付与されているように思われます。また、母や兄弟との係わりでは、儒教的な孝がテーマになっているようです。これに対して、隻眼、足も悪い、父母はすでになく、(実あるいは義理の)兄弟からも憎まれるという現代の勘助には、いじめや差別に負けない、非常に今日的な問題を背負った人物としての活躍が期待されているのではないでしょうか?
 ところで、ドラマの冒頭、大百足が画面に表れますが、これは、武田の百足隊のイメージからきているのでしょうか、それとも、金属鉱物学のいう黄金を象徴する大百足なのでしょうか。その大百足には、片目を弓で射られて退治されるという伝説があります。一方、金属鍛冶の神は、片目であるともいわれています。勘助は百足になるのか、それとも神になるのか、今後の活躍が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (4)