蛍日記 2-14 カワニナの屋外水槽飼育終了

Dsc202309252
 向かいの家の井戸水をポンプアップし、ホースで大型水槽(100L)に引き込み、水の濾過・循環器を使ってカワニナを飼育していましたが、2年目の作業も終わり、10月14日、水槽に残った500個以上の子貝を蛍の堰に放流してきました。水温が5度を下回ると、屋外水槽では子貝達は生息できないので、自然に流れる堰で越冬してもらとうということです。来年からは、屋外水槽は使わず、蛍の堰で直接飼育していきたいと考えています。今年のように気温30度を超える日々が、7月から9月の3ヶ月まるまる続くと水槽での飼育はかなり大変だからです。水温30度位がカワニナの生存限界のようで、その水温を超えないように井戸水で調整するよりは、自然の流水に任せた方が合理的だからです。その分堰の環境を整備する必要はありますが。

Dsc202309253
 累計で2000個以上のカワニナを堰に放流したことになり、仲間のM氏も子貝を堰に放流しているので、3000個に近い子貝が堰に放たれたことになります。蛍の幼虫にとっては大した数ではないかもしれませんが、同時並行して進める蛍の堰の環境整備への第一歩だと考えれば、決して無駄な努力ではないでしょう。来年からは、親貝を直接蛍の堰に捲くということになります。

Dsc20231021
 ただし、保険をかけるという意味で、室内水槽に200個程は残し、来春まで観察することにしました。初めは100個程を室内水槽に移すつもりでいましたが、屋外水槽の循環器を洗浄していたところ、100個以上の子貝が見つかって、結局200個以上となってしまったという訳です。実際、屋外水槽の水替えに際して、砂粒のような子貝は相当水と一緒に流してしまっており、発想を逆にして、その水は家の横を流れる中村堰に捨てるように対処しました。この中村堰は少し距離はありますが、下流で蛍の堰に流れ込むので、まんざら無駄にはなってはいないと思われるからです。ちなみに、室内水槽にはサーモスタットが用意されており、水温調整には不安はありません。11月に入ると、井戸水のポンプが凍結する虞があって、水道水を中和して使用することになり、その点は要注意ですが、もともと水源が綺麗なのか、昨年はほとんど支障はありませんでした。

| | コメント (0)

蛍日記 2-13 蛍の生息地探訪 滝沢川上流

Dsc202309231
 蛍の堰が流れ込む滝沢川から下流は、以前述べたように蛍の生息地になっています。では、堰に水を取り込む川の上流部はどうなっているでしょうか。古町地区を流れる滝沢川の最上流部にある石原橋辺りには複数の入水口があって、1枚目の写真はその内の1つです。ちょっとした滝口のようになっており、その手前側から堰に水を取り入れています。

Img202008071
 25年程前のことになりますが、、入水口の上流部(2番目の写真右側)で、地区の子供達と一緒に魚つかみをした思い出があります。写真の右側上部に石原橋が写っています。しばらくは地区の育成会事業として続いたのですが、その後何年かして危険だということで中止になってしまいました。確かに橋は仮橋なので危ないのですが、川遊び自体は危険だとは思わないのですけれど…。

Dsc202309232
 それはともかく、この堰の入水口の下流部は神社を囲む森になっており(3番目の写真)、そこを流れる川筋は蛍の生息地になっています。農家があの石原橋を渡って、軽トラックで田圃に行く途中通過するだけなので、蛍が生息するということは知られていないようです。実は石原橋の上流部にはさらに別の堰の入水口があって、その上流部も蛍の生息地になっています。堰の出水口は一種人工の滝のようになっており蛍がいるのは分かるのですが、入水口近辺が蛍の生息地になっている理由はどこにあるのでしょうか。水を取り入れるための段差の影響か、雑木の伐採、草刈りなど一定の管理維持がなされているからなのか。

 今年、蛍の堰の入水口も新たに整備工事がなされたと聞いています。来年は、この工事結果も含めて、滝沢川最上流部の蛍の生育環境を確認してみたいと考えています。ただし、この辺りは、熊が山から下りてくるルートでもあるので、秋の今はどうしても探索する勇気が持てません!

| | コメント (0)

蛍日記 2-12 蛍の堰の近況・カワニナ放流2

Dsc202309251
 9月18日に500個、9月25日に500個、計1,000個のカワニナの子貝を蛍の堰に放流しました。今年の異常な暑さを考えると、カワニナには自然水流のある堰の方が水槽よりも適していると思われます。来年からは、堰あるいは滝沢川で直接カワニナを生育する計画で、そのためにはカワニナの餌となる珪藻類の繁茂が必要となり、堰に太陽の光が十分に当たるように心掛けています。したがって、堰周りの雑草を刈り込まなければならないということです。堰幅が狭いので、気を付けないとすぐに水面が草に覆われてしまいます。

Dsc202309182
 その方法は、除草剤は絶対に避けて、草刈機で草を綺麗に刈ります。前回掲載した近隣地区(中宿の堰)と比べると格段に整備されていることが分かると思います。仲間のM氏が草を刈ってくれました。彼の畑の脇でもあるので、それほどの負担にはなっていないと信じています。なお、蛍の幼虫が上陸し蛹になる頃は、堰から地上に上りやすいように水面近くの草は一部残して草刈りしている気遣いをしているそうです。ところで堰を写した写真をよく見ると、右側の畑の部分に白い花が一面に咲いているのに気付きます。そばの花です。これは、酷暑の夏から新そばの季節が間違いなく近づいていることの証です。飯綱町は、隣の戸隠ほど有名ではありませんが、意外にもそば処なのです。

 記紀に、日本は古来より、「豊葦原瑞穂(とよあしはらみずほ)の国」と言われ、田圃に広がる稲穂の風景は2千年全く変わらず、この点は田舎生活の醍醐味となっています。しかし、豊葦原の言葉が示す、葦の生える湿地は無くなり、蛍の生息地は風前の灯です。さらに、日本を指す言葉に、「秋津島(あきつしま)」、すなわち蜻蛉がいっぱい群れる島という言い方があります。しかし、蜻蛉は田舎でもめっきり少なくなっており、とくに「蜻蛉の群」を見て秋津島を感じることは全くありません。日本の近代稲作は、米に比重を掛けすぎているのかもしれません。蛍の飛翔を復活させる試みは、1つの生態系としての日本の原風景を残したいという気持ちから始めたことです。蛍が飛翔すれば、やがて蜻蛉も群れることになるでしょう。

| | コメント (1)

蛍日記 2-11 耕作放棄地

 当(古町)地区以外にも蛍の生息地は何カ所かあります。源氏蛍だけでなく、平家蛍の生息も確認されています。飯綱高原の霊仙寺湖近隣の堰には、7月頃に風が吹くと飛ばされそうになる小さな平家蛍がいますし、飯綱町全体に範囲を広げれば人家の少ない場所には意外に多くの蛍が飛翔しています。地元の人達が意識していないだけだと思われます。

Dsc202309041
Dsc2023090422
 今回は、当地区の隣・中宿地区の蛍生息地の近況を報告します。蛍日記2-5で一度触れていますが、ここに本当に蛍がいるのかというような場所です。堰の一部を撮した写真(上)を引きの写真(下)で見直すと、手前右側から流れてきた水は手前左側で直角に折れて、後方のライスセンター施設の前を走る道路に向かって直線的に流れ、道路下を潜って左に折れ、最終的には滝沢川に流れ込みます。写真を見ると道路際に電柱があって、そこに街灯が付いているので、夜、道路を走る車や歩く人から蛍はほとんで確認できません。蛍を見るには、いささか情緒がない場所です。

 この中宿の「蛍の堰」を再度採り上げたのには理由があって、写真からも分かるように、右側の本来ならば水田であった場所が未耕作地になっていることです。その右側には畑跡があって、今はススキが背を高くした原野になっており、さらにその右側は朽ちた家屋とサイロが残っています。何十年にも亘って空き家・空き地となっているという事実に大変興味があるということです。堰自体は擁壁化されているので、滝沢川から生息地を広げた蛍は、その工事によって一時消滅したのかもしれませんが、緩い流れと耕作放棄地の脇という環境からどうやら復活したのではと推測されます。   

 他の堰では水田耕作が継続的に行われた結果、蛍は定着できなかったのでしょう。近時、滝沢川自体が滝口から石原橋と大橋を経由して、新井橋に至るまで全て浚渫されてしまい、蛍を見ることができず、当該中宿の蛍はここに陸封されてしまったいう訳です。古町の「蛍の堰」も中宿の「蛍の堰」も、事実上の未耕作地あるいは耕作放棄地の脇を流れているということが重要です。

| | コメント (0)

蛍日記 2-10 ジャガイモ投げ!

 異常な暑さを乗り切るため、カワニナの野外飼育へと舵をきり、蛍の生息環境を整備する方向に一歩進めるつもりです。そこで、昨年は蛍の堰で行った餌やりを、本年は滝沢川で「イモ投げ」という形で行うこことにしました。8月30日のことです。

Dsc202308301_
 家庭菜園で新ジャガをたくさん収穫したので、冷蔵庫に保存してきた旧ジャガ(?)をカワニナの餌として再利用したということです。比重の関係で水に沈むイモ類の特性を利用して、川に直接投げ込む方法です。ただし、新芽が出掛かった部分には毒があるので、芽の周辺を摘むことにします。以前、室内水槽にジャガイモをそのまま入れた際、芽を取らなかったので、少なからぬ子貝が昇天してしまった経験があります。葉っぱ類と違って、意外に長く水槽内にそのまま形を留めており、イモ類は餌として有用です。

Dsc_202308302
 「イモ投げ」の場所は、蛍の堰が流れ込む滝沢川の下流辺りです。堰と川とがTの字を作っている場所は、小規模な滝壺状になっており、一定の水深があって、経験的にカワニナの生息地となっていることが多いと言えます。その下流には蘆・茅等の生えている洲が続き、蛍の幼虫が生息していると推測され、適地ではないかと判断されます。その時ふと思ったのですが、これで川にお酒でも注いでいたら、遠目には、何か神事でも行っているように見えたかもしれません。蛍神事の始まりです!

 村の古老が、少年時代には、この滝沢川に鮭が上ってきたと話しているのを聞いたことがあります。下流は鳥居川を経て千曲川に繋がっているので、日本海産鮭の遡上もありうべきことでしょうね。護岸工事が完璧すぎて、容易に川床に降りることができないのが大変残念ですし、夜ともなれば落下の危険性があって、蛍の観測には十分な注意が必要な場所へと変転してしまいました。

| | コメント (0)

蛍日記 2-9 渇水の滝沢川

 自宅の屋外水槽で飼育するカワニナは、連日の熱帯級の暑さで元気がありません。水を頻繁に替えて水温を下げるだけでは足りないとすれば、水を出しっぱなしにして対応したいのですが、隣の家の井戸水だからなあ…と思案していたのですが、だったら自然に水の流れている堰や川をカワニナの住みやすい環境に整備した方が楽だということに気付いた次第です。

Dsc202208222
 湧水を集め、山間を流れる川やそこから取水する堰なので、水温がカワニナや蛍の幼虫が棲めない程度になることはないと思われます。ただし、昨年は越水するかもしれない程の水量だったのに、今年は多くの川底の石が露出する渇水状態です。先の写真は昨年の8月22日撮影で、なぎ倒され葉を失った直物が映っています。後の写真は本年8月20日撮影で、水量は少なく、川の中の植物は背を高くに育っています。環境が安定せず、年々激変しているようですが、もう少し下流では蘆・茅の間を水が流れ、多少穏やかな状況にあるので、ここを自然の野外水槽と考えて、カワニナの飼育場所とし、あわせて蛍の乱舞を見たいと期待しています。最終的にはこの川や堰に蛍を呼び込むことが目的なので、ここでカワニナと蛍の幼虫が育ってくれなければ意味がないということでもあります。

Dsc202308202
 自宅の屋外「水槽」から蛍の「堰」へ、そして蛍の「堰」から滝沢「川」の環境保全へと活動の重心を移動させることにします。不思議なもので、水の流れを見ていると、ここにはカワニナがいるなとか、ここは蛍が舞うはずであるということが推測できるようになります。後方の川の中にいくつかの緑の州がありますが、その間の水中にカワニナがいるはずですし、その蘆・茅の上をたぶん蛍が舞うはずです!来年の蛍の時期にそれらを確認するのが楽しみです。

| | コメント (0)

蛍日記 2-8 アマガエル参上!

 夜の虫の音には若干秋を感じるものの、日中は「命に危険がある暑さ」(35度超え)が際限なく続きます。子供の頃、(現在の)愛知県豊田市に住んでいた時の、あるいはそれ以上の暑さをこの信州で味わうことになるとは、温暖化も極まれりです。

Dsc20230816
 カワニナの屋外水槽を水温18度の井戸水と入れ替える頻度を上げて、カワニナを高温から守っているのですが、気が付くとアマガエル達も水の入れ替えを待っているようなのです。初めは水槽に近づく蚊などを捕食するために集まり、水槽近くに控えていました。ところが、水を入れ替え終わるや否や、多い時には8匹近くのアマガエルが水に浸かって体を冷やしているのです。カエルの暑さ対策ということです。カエルを飼っているのではないので、追い払うのですが、しばらくしまた水を入れ替えると、水槽に体を入れて瞑想でもしているように静かに浮かんでいます。

 山間を里まで流れてくる川の清流やそこから水を取る堰でカワニナを飼う方が良いのは当然なのですが、カワニナの個体が減少している現状では、まずは水槽でカワニナの数を増やし、そのカワニナを川・堰に撒き、自然の環境を整備しつつ、カワニナの自活を予定して始めた活動です。しかし、夏季のこれだけの酷暑を考えるとすぐにでも川や堰の環境改善に着手し、カワニナの自然環境下での飼育を前倒しして行った方が良いように感じられます。なぜなら、過酷な酷暑にもかかわらず、一定の水温で流れる川・堰の方が、夏季には環境的に優れていると思われるからです。水槽での飼育を残すのは、川・堰に捲く親貝の数を最低限度確保するためです。暑さでボケた頭ですが、蛍の生息する滝沢川や蛍の堰全体をカワニナの飼育場所として保全する方向に活動を発展させようと考えた次第です。

Dsc202208221
Dsc202308201
 というわけで、(古町)新井橋に行って、滝沢川の近況を調べることにしました。上の写真が1年前の8月の橋上流部の様子です。これに対して、下の写真が同場所の今年の8月の様子です。明らかに今年は渇水状態です。昨年は前月まで洪水という言葉が思い浮かぶ程の雨量で、これではカワニナや蛍の幼虫が流されてしまうだろうなと危惧していたのですが、見ての通り、今年は、川に植物の緑がないのは問題ですが、こんなに少ない水流でカワニナや蛍の幼虫の生活領域があるものなのか、なにより、そもそも餌があるのかどうか心配されます。

 渇水の翌年の蛍はいったいどの程度飛翔するのでしょうか。やはり、屋外水槽でのカワニナの飼育は長期継続せざるを得ないのでしょうか等々、いろいろな疑問が頭に浮かびます。

| | コメント (0)

蛍日記 2-7 カワニナ放流

 4月2日
 袖之山地区に遠征して捕獲したカワニナの親貝8個(3年目)、室内水槽で飼育することにしました。また、別の屋内水槽で飼育していた、冬を越した2年目の子貝は60個程が生き残り、かなり小型ですが、ほとんが縦長な巻き貝に成長しました。

 5月22日
 3年目のカワニナを屋外の大型水槽に移動した際、40個程の子貝を発見しました。子貝のサイズは目に付く程の比較的大きなサイズですが、生まれる子貝の数は少ないようです。

 6月26日
Dsc202306231_20230818181001
 蛍の飛翔する頃、3年目の親貝のいる屋外の大型水槽に、さらに子貝を80個程確認しました。 2年目の子貝のいる室内水槽にも新たに子貝が生まれ始め、カワニナは2年目から子貝を産むことが確認できました。ただし、あまりに小さく正確な数が分かりません。3年目の大きなカワニナは驚く程食欲旺盛で、生まれる子貝も大きいのですが、その数は少なく、これに対して、2年目のカワニナは、微少な子貝をたくさん産む傾向にあります。数を考えれば、2年目の若いカワニナを飼育や放流の中心にするのが良いと思われます。

 7月10日
Dsc202307102
 蛍の乱舞が終わり、蛍の産卵があったので、今年の春から産まれた子貝(最大5mm)を計200個、草刈り後の蛍の堰に放流しました。もちろん、この程度の数で済む訳はないのは承知しています。「チリも積もれば…」ということです。


 7月31日
 さらに、2年目のカワニナが産んだ子貝を中心に300個を蛍の堰にを放流しました。2年目のカワニナの室内水槽は、たぶん水の入れ替えが不十分で、一度に(新)親貝10個程が空貝となっていたこともあって、3年目のカワニナと同じ屋外水槽に全部移動しました。3年目のカワニナが8個、2年目のカワニナが30個です。成長の遅い20個程は放流しました。

 正直、今年の夏の暑さは異常なので、水の入れ替えが大変になることが予想されます。とは言っても、ここは信州です。すぐに涼しくなると、この時は考えていたのですが…。

| | コメント (0)

蛍日記 2-6 蛍マップ3

Map33
 古町地区を流れる滝沢川を大きく捉えてみました。左上(北西)から右下(南東)に流れ、そこから蛇行して右上(北東)に向かっています。茶色で示す橋が3つあって、上流より、石原橋、(古町)大橋、(古町)新井橋と呼称します。最初に石原橋上流において浚渫が行われ、その後石原橋下流、大橋から新井橋間において、複数年次に亘って浚渫工事が行われ、川床の砂・泥・石・岩や蘆などの植物の全てが綺麗に浚われ、ある意味川の水は滞りなく流れています。堰堤を超えた洪水を避けるためで、仕方のないことです。その結果、川浚いの行われた部分では全く蛍を見ることはなくなっていました。

Dsc202306271
 古町地区最下流にある新井橋のさらに下流部分が、まだ浚渫の行われていない、そして今年蛍の乱舞を確認した場所に当たります。その生息地から堰を伝わって、古町・蛍の堰と中宿・蛍の堰に進出した蛍が、両方の場所でそれぞれ生息を維持しているのではないかと推測しています。しかし、滝沢川に蛍の生息地が残っているならば、そこから滝沢川自体に生息地を広げていてもおかしくないと考え、川を遡ってカワニナがいそうな場所を探索した結果、古町神社の裏手の森林部分に蛍の生息地を発見しました。自然の湧き水もあって、清流の場所です。最初に浚渫工事が行われ何年も経っているので、川の環境が元に復しているのかもしれません。

Dsc202306272
 以上の事情を勘案すると、将来、大橋・新井橋間に蘆が生え始めると、再び蛍が戻ってくる可能性があります。その観点からも、蛍の生息地は複数維持しておく必要があります。やむを得ず、川や堰の整備を進めたとしても、近くに別の蛍の生息地があるならば、そこを基点に蛍は再び元の場所に帰ってくると考えられるからです。マップを見ると、古町地区は周りを蛍に囲まれた地域であることがよく分かります。ところが、地元の人は古町には蛍がいなくなってしまったと思い込んでいます。

| | コメント (0)

蛍日記 2-5 蛍マップ2

Map023
 当該古町地区の南部は中宿地区に接しています。古町地区と同様に、西(左)側が高く、東(右)側が低くなっており、蛍の生息する堰は赤い矢印のような水流になっており、最終的には右上部分で蛇行する滝沢川に流れ込んでいます。この滝沢川が古町地区と中宿地区の境界の1つになっています。

 前回掲載したマップから推測すると、赤い矢印とは逆に、滝沢川の生息地から川沿いに遡って進出した蛍が、さらに堰にまで生息地を広げたと見るのが自然と思われます。マップを見るととても分かり安いのですが、やはりクランク(枡)部分に黄色印の蛍が集まっています。流れが滞る場所が適地ということになります。ただし、この場所は街灯が道路を明るく照らしているので、道路の土手下の影部分に蛍がおり、割と人車の通りも少なくないのに、ここに蛍が飛んでいることにほとんど気付かれていないようです。地元では、「ライスセンター(牟礼倉庫)辺りに蛍がいるらしい」との噂はありますが、これほどたくさんいることが周知されていないのは、この街灯のせいなのです。

 もう1つ興味ある事実を指摘しておきます。中宿地区の蛍の堰の南側には小さな田圃はあるものの、その先は何十年も耕作放棄地となっており、茅などの生い茂る雑種地となっているということです。西側は林檎畑であり、いずれにしろ、周囲を田に囲まれる中を流れる堰ではありません。古町地区の蛍の堰も未耕作地を流れていた事実と考え合わせると、残念ながら、水田耕作自体が蛍にはマイナス要因であることが示唆されます。なお、中宿地区内のさらに南(マップの下側)に黄色印で蛍の生息地が示されていますが、下流において滝沢川と1つになる八蛇川(やじゃがわ)本流との関連で考察する必要がありそうなので、ここでは触れないことにします。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧