« 〈56〉東海道大尾 京 内裏 | トップページ | 芳年の月百姿・総論 »

狂歌入り東海道に聞く!

 『狂歌入り東海道』の絵を見ていて強く思うことがあります。それは、東海道が日本橋から三条大橋まで続く一本の街道ではなく、川で分断し、追分で分岐するいくつもの脇街道を持つ大道であるということです。広重が、宿場それ自体よりは、橋梁、船渡し、徒歩渡し、そして何よりも、度々追分を制作の基点に置いていることからも十分に確認できます。実際、旅行者には名所風景よりも、それらの方が重要な情報だからです。したがって、たとえば、掛川宿の作品では、秋葉街道への追分の鳥居が絵の主題になっており、同時に、狂歌も秋葉街道を詠っているという訳です。

 ところが、四日市宿において、広重は伊勢街道の日永の追分(鳥居)を主題から外しています。江戸からお伊勢参りに向かう際、四日市宿がその拠点となることは誰しも知っていることとは言え、絵にしないで良い程の重要度なのでしょうか。そこでもう一度作品を見返してみると、三重川に架かる土橋の手前側に、柄杓を持つ抜参りの少年3人と、猿田彦(天狗)の面を背負う金比羅参り(代参)の男が橋を渡ろうとしているのに気付きます。実は、前掲『東海道中膝栗毛 五編上』(岩波文庫p36以下)に、追分の茶屋で弥次さんと金比羅参りの男が饅頭の賭け食いをする場面があって、結局は弥次さんは300文騙し取られるのですが、弥次さんは抜参りの少年達がその饅頭を男から貰って食べているのを見て、これも功徳だとして溜飲を下げ、伊勢へと向かうのです。これが日永の追分(鳥居)脇の茶屋でのことと分かれば、四日市の作品にも間違いなく、伊勢街道の追分情報が入っていると言うことができます。

 『狂歌入り東海道』の狂歌を見ていていくつかの事を学びました。たとえば、戸塚宿の狂歌では「とつかは」という言葉が、あわてて動作をする意味として地口に使われています。つまり、戸塚宿には元から何か慌ただしい雰囲気があるということです。これを念頭に置くと、保永堂版において侍が馬から飛び降りる様子が描写され、女一人旅が敢えて描き入れられている理由も、とつかはとする情景描写と読み解くことができます。また、袋井宿の狂歌から「袋井」の地口として、「ふく」(膨、吹、腹など)があることを知ります。とすると、保永堂版において竈(かまど)からもうもうと煙が上がっている情景も、風もしくは煙「吹く袋井」という地口をベースにした表現と読み解くことができます。

 『狂歌入り東海道』は、絵による意外にも正確な街道情報と、狂歌による地口・ユーモアの遊びの部分との組み合わせで構成されています。この後者の部分が『狂歌入り東海道』の特徴なのは言うまでもないのですが、重要なのは、その特徴を使って他の東海道シリーズを読み解くことができるという点です。これは、構想的性格が強い保永堂版を理解するにはかなり優れた視点です。ただし、本講座の中心的課題ではないので、いくつかの具体例を提示するに止めておきます。その余の議論については、国貞『東海道五十三次之内』(美人東海道)をも利用して、また機会を改め提言したいと考えています。

|

« 〈56〉東海道大尾 京 内裏 | トップページ | 芳年の月百姿・総論 »

広重の狂歌入り東海道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〈56〉東海道大尾 京 内裏 | トップページ | 芳年の月百姿・総論 »