« 2018年7月 | トップページ | 2019年1月 »

アンドレアス・マークス『木曽海道六拾九次』

  Andreas Marks: Hiroshige & Eisen: The Sixty-Nine Stations Along the Kisokaido / Die neunundsechzig Sationen des Kisokaido / Les soixante-neuf stations de la route Kissokaido, Taschen, Koln, 2017

 上記の、アンドレアス・マークス『木曽海道六拾九次』を浮世絵講座で紹介し、あわせて、及川茂「海外事情 最近の欧文による浮世絵研究文献」(国際浮世絵学会『浮世絵芸術』No.176・2018、p48)の解説を読み上げました。すなわち、「浅野秀剛氏の小論によれば、英泉の署名を持つ『桶川』と『本庄』の二図は、本書に掲載された例しか存在しないそうである。残るところは、『板鼻』で、署名入りの作品が見つかれば、本シリーズの全作品の絵師が確定されたことになる」と。

Itabana_2










 ところが、次回の講座で生徒さんの一人から、以下の資料の提供を受けました。『世界名画全集 別巻 広重・英泉 木曾海道六十九次』(平凡社・1961)です。同書p27に掲載される「板鼻」の作品を見ると、確かに「英泉画」と入っています。同書は、図版の提供に関して、「東京国立博物館・安達豊久」と記しています。安達豊久と言えば、浮世絵復刻を手掛けたアダチ版画の創業者です。安達氏の仲介によって、個人愛好家から作品(画像)を借り受けたのかもしれませんが、「英泉」としっかりと彫られたこの作品は、現在どこにあるのでしょうか。同書に掲載される図版の画質がよくないので、是非、元絵を見て確認してみたいものです。

 なお、前掲書p23の「本庄宿」にも、「英泉画」とある作品が掲載されていることを付け加えておきます。いずれにしろ、SNSなどを駆使すれば、個人愛好家などからおもしろい情報が提供されるかもしれません。今はそういう時代です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2019年1月 »