« 木曽海道六拾九次に聞く! | トップページ

蛍狩りと名月

Genjie_yoshitora

『雪月花之内 秋の月』
絵師:歌川(一猛斎)芳虎
彫師:片田彫長
板元:丸屋鉄次郎
形式:大判3枚続
年代:文久2(1862)年10月

 源氏絵は、柳亭種彦の『偐紫田舎源氏』の挿絵を歌川国貞(三代豊国)が担当したところから、絵自体が人気を博し独立発展した経緯があるので、その読み解きに際しては、原典である紫式部『源氏物語』や柳亭種彦『偐紫田舎源氏』などの名場面と対比することが多いと言えます。しかしながら、同じ源氏絵の形式を採る作品であっても、たとえば、原典紹介、徳川将軍家の生活案内、名所紹介、事件の暗示、その他宣伝広報など、その主目的をいくつかの類型に分けることができます。

 本作品『雪月花之内 秋の月』は、秋の名月を題材にしているにもかかわらず、華麗に描かれているのは、夏の蛍狩りの場面です。この季節のずれをどう理解するかが問題です。『江戸名所図会4』(ちくま学芸文庫p146、p147)に「落合土橋」の紹介があって、「この地は蛍に名あり。形おほいにして光も他に勝れたり。山城の宇治、近江の瀬田にも越えて、玉のごとくまた星のごとくに乱れ飛んで、光景もつとも奇とす。夏月夕涼多し」とあり、同図会に掲載される図版「落合土橋」には(同所p158、p159)、大変示唆的な解説が付されています。すなわち、「草葉にすがるをば、こぼれぬ露かとうたがひ、高くとぶをば、あまつ星かとあやまつ」とあり、続けて、「秋の田の露おもげなるけしきかな」と謎かけて、それを「」と読み解いています。つまり、夏の蛍の情緒を秋の星や秋露の風情と見ているのです。本作品はこの考案をひっくり返して、秋の名月、星々、さらには露を逆に蛍に見立てていると考えられます。秋の夜空に輝く名月の風情、夏の蛍狩りの如しというわけです。

 秋の寂寥感ではなく、このような賑わしい夏の幻想的表現を本作品が採ったのは、決して偶然ではなく、意図的なことと思われます。なぜならば、本作品が制作された文久2年(1862)の2月11日、皇女和宮と徳川家茂との婚礼があったからです。公武合体の気風は、本作品だけではなく、この時期の源氏絵一般の制作動機に影響があったものと推測されます。ましてや、絵師芳虎は、幕末の時流のあり方を何かと揶揄する国芳一派の高弟であることも忘れてはなりません。一番大きな光を放つ名月を(源氏)蛍の光と看做せば、それは光氏=徳川将軍(家茂)の威光の大きさを表すものと考えられますし、他方で月を和宮と看做せば、それを蛍狩りする光氏=徳川将軍(家茂)の姿が象徴的に描かれていることになります。この読み解きは、徳川将軍家の私事に立ち入り、いささかリスキーかもしれません。

|

« 木曽海道六拾九次に聞く! | トップページ

浮世絵・文化」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/65300620

この記事へのトラックバック一覧です: 蛍狩りと名月:

« 木曽海道六拾九次に聞く! | トップページ