« 66 近江国 「愛知川」 | トップページ | 68 近江国 「守山」 »

67 近江国 「武佐」

六拾六 木曽海道六拾九次之内 武佐」  (一立斎)廣重画 錦樹堂


Kisokaido68 絵番号66は67の誤記です。さて、『木曽路名所図会』(巻之1)には、「これより西の方へよりて八幡(はちまん)の町へ行道法五十町許あり」とあり、武佐が、近江八幡に近いことを第1に挙げています。実際、武佐は、東海道および八風峠を越えて伊勢に至る八風街道との交差点に位置しています。続いて、近江八幡は、「此辺の都會の地にして商人(あきびと)多し。産物は蚊地(かやぢ)及び布嶋。畳表。圓座。燈心。蒟蒻等なり」とあって、この地域が、(近世)近江商人の中心地であることを紹介しています。近江八幡には、「比牟禮社」、「西國巡礼三十一番の札所也」とある「長命寺」などもあり、武佐は信仰・巡礼地への分岐点に当たります。なお、同名所図会の図版「鏡山」から、武佐が歌枕の地であることも知ることができます。

 当作品の画題が舟橋であることは一目瞭然です。広重の後掲スケッチ帖に元絵があって、広重の実体験から制作されています。大田南畝『壬戌紀行』(前掲書、p271)が、「横関川は舟の上に板ばしゝてわたれり」と記しているので、場所は、武佐の宿場から南に進んだ、横関川の渡しであることが判ります。また、『中山道分間延絵図』(武佐)も、横関川の渡しについて、「此川平常渡船場小水之節右舟二艘綰(わが)キ合セ舟橋トナシ往来ヲ通ス」と注意書きを加えています。おそらく、江戸からの順路、北岸から南岸を見る視点で描かれたものと思われます。街道をさらに進んだ西横関川村の左に「水口道」があり、さらに歩み、鏡山(谷)から下り横関川と合流して琵琶湖に流れる、善光寺川を徒歩で渡ると、古の駅であった立場・鏡の宿に至ります。

 当作品の、中央付近に大きな木を配置する構図は、広重得意の技法です。ここで問題となるのは、当作品中の人物やその余の情景をどう理解するかです。近景此岸で、舟橋を渡る旅人達を眺めているのは、渡しを管理する村役人でしょう。対して、遠景彼岸の小屋は、船渡し時期に使用される人足の休憩所でしょうか。遠くにあって、川幅の大きな変化が読み取れます。前面の木の左側にいる、連れと一緒の巡礼姿の男は、西国巡礼31番札所・長命寺から32番札所・観音正寺への巡行を想起させます。木の右側にいる、荷物を背負い腰を曲げ杖を衝く老人は、名産品蚊帳地を商う近江商人を意図するものと思われます。広重のスケッチ帖に似た人物が発見され、興味のあるところです。


*注1:『秘蔵浮世絵大観1 大英博物館Ⅰ』画像番号16(p215)

S_musa_2

|

« 66 近江国 「愛知川」 | トップページ | 68 近江国 「守山」 »

広重・英泉の木曽海道六拾九次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/65119846

この記事へのトラックバック一覧です: 67 近江国 「武佐」:

« 66 近江国 「愛知川」 | トップページ | 68 近江国 「守山」 »