« 12 上野国 「新町」 | トップページ | 14 上野国 「高崎」 »

13 上野国 「倉賀野」

「十三 木曾街道 倉賀野(クラカノ)宿 烏川之圖」 英泉画 竹内・保永堂


Kisokaido13 『木曽路名所図会』(巻之4)には、「此所より日光山の道、厩橋の道あり。此宿を過て新田村に館林の道あり。岩鼻むら、かんの川は烏川の末にして、こゝにて両川落合ふ」とあり、さらに烏川は利根川に流入します。ここで判ることは、倉賀野が「日光山の道」(日光例幣使街道)の追分であり交通の要衝であること、および利根川の舟運と繋がって物資運搬の基地であることです。英泉の副題「烏川之圖」と題した本作品がいったいどこから描かれたのかの視点も、上記がヒントになります。なお、倉賀野河岸は、利根川流域最北端に位置し、上流の上州や信州方面からの物資輸送に利用され、たとえば、大名旗本の蔵米では、上州の安中・小幡・七日市、信州の小諸・岩村田・上田・松代・飯山・須坂・松本などの各藩のものがあります(児玉『中山道を歩く』p99)。地場産業の絹・繭・煙草などの他に、当作品では材木を筏を組んで運ぶ様子が描かれています。

 新町から倉賀野に進んでくると、中山道は烏川を渡河した後に宿中に入ります。この烏川の渡河場所は「柳瀬の渡し場」と呼ばれ、たしかに絵心は誘われるところなのですが、すでに本庄宿で副題「神流川渡場」を描いている英泉はそれを避けました。当作品では、右側が川の上流となっていることから判断して、烏川を渡った川岸の、しかも小川が流れ込んでいる場所に視点が当てられていることが判ります。日光例幣使街道との追分を過ぎると、倉賀野の下町と中町の間に、当宿場の飯盛女の寄付によって架けられ石橋(太鼓橋)があり、その小川は烏川に流れています。倉賀野河岸は、この石橋を渡って倉賀野の上町に向かう街道左側に位置しています。つまり、英泉は日光例幣使街道の追分と倉賀野河岸との中間辺りにあった小川河口の茶屋近辺から、烏川を眺望する構図を採用したと言えます。

 当作品の中景の烏川には、荷を運ぶ船と筏があって、右方向に倉賀野河岸があることが暗示されています。遠景の山に関して、中山道広重美術館『木曽海道六拾九次之内 増補版』(p144)は、「赤城山と榛名山と思われる」と判断していますが、街道正面に浅間山が見えるとすれば(注1参照)、この山は左手に当たり、あえて言えば「妙義山」と解することになります(『ちゃんと歩ける中山道六十九次 東』p68)。さて、前景には、茶屋の女房が束子(たわし)で鍋の底を擦っており、その周りで近所の童達が水遊びをする平和な情景が描かれています。その遊びに打ち興じる童達を茶屋の中から旅の女が見入っています。女性にポイントを置いた英泉の表現は、ここが宿場の女達(飯盛女)の寄付金で架けられた石橋の袂であること、また女手を主力とする養蚕業の盛んな地域であること、つまり、「上州のカカァ天下」を意識した構想図と考えると単なる思いつきではないことが明らかになります。画中に旅人が描かれる場合、そこが追分や交通の要路であることが多いのですが(「板橋之驛」、「桶川宿」)、この旅の女は、日光に向かうのでしょうか、あるいは高崎から草津に湯治に出かけるのでしょうか、さらには、女の参拝者が多かった善光寺に足をのばすのでしょうか、などと想像を広げさせる効果を持っています。


*注1:近江俊秀『古代道路の謎』(祥伝社新書.p167以下)
 群馬県内の東山道駅路に関し、「ご覧のとおり、旧利根川の線を挟んで、二本の直線で表現できるほど、まっすぐな道路で、幅は十メートルである。 また、旧利根川以西の道路は、浅間山を目印に敷設されたようで、道路の中央に立って西を見ると、山頂を道路の延長上に見ることができる。 発掘調査では、この路線は七世紀後半に造られた可能性が示されている」とあります。
 とにかく直線であることを旨とした古代駅路(東山道)と生活地を結ぶ江戸時代の中山道を同一視することはできませんが、浅間山が単なる名所風景としてあるのではなく、街道上の目印(ランドマーク)になっている事実が重要です。たとえば、この後に登場する倉賀野から坂本までは、おおよそ浅間山が街道正面方向にあると想定できます(『岐蘓路安見絵図』(倉賀野・注意書き)。また、新町までは、大まかに言って、榛名山が街道正面やや右側にあります。さらに右側に赤城山、反対に街道左側には妙義山があり、その左、南西側に富士山が遠望できるはずです。


*注2:『岐蘓路安見絵図』(倉賀野)

A13

|

« 12 上野国 「新町」 | トップページ | 14 上野国 「高崎」 »

広重・英泉の木曽海道六拾九次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/65093596

この記事へのトラックバック一覧です: 13 上野国 「倉賀野」:

« 12 上野国 「新町」 | トップページ | 14 上野国 「高崎」 »