« 「鳴海」 歌川三代豊国 伊勢屋市兵衛 | トップページ | 「岡崎」 歌川広重 伊場屋九兵衛 »

「池鯉鮒」 歌川国芳 伊場屋仙三郎

40_new 「在原業平朝臣吾妻下りの時 八ツ橋のほとりに杜若いとおもしろうさきけるを見て かきつばたといふ五文字を句のかしらにすへて 旅の心をよまんとてよめる。
から衣 きつゝなれにし つましあれば はるはるきぬる 旅をしぞおもふ」


 『東海道名所図会 巻之三』の「三河 池鯉鮒」に「八橋古跡」の項があり、そこには『古今集』と『伊勢物語』の引用があって、本作品の詞書きは、そこからの転載です。同時に同図会には「八橋杜若古跡」と『在原業平朝臣吾妻下り』の2図版がありますが、国芳の作品は、後者の想像図を参考にしています。というのは、同図会は「すべてこの辺(ほとり)田畑にして、八橋、燕子花(かきつばた)の俤もなし」として、前図においてその古の跡をのみ写すに止めているからです。一方、国芳は、かっての八橋、杜若、在原業平の吾妻下りの情景を後図から構想して、しかも、明らかに源氏絵風に描いています。

 歌枕の地を歌の趣をそのままに絵にした作品です。『東海道名所図会』には、「みな人 かれ飯のうえに 涙おとして潤(ほと)びにける」とあります。ちなみに、秋里籬島は、「卯月の頃 八橋の古跡にて かきつばたといふ五もじを句の下にすへて狂歌をよめる」として、「尋しか 花のむらさき 今はさめつ その朝見れば みな麦の畑」と残しています。

*保永堂版東海道「池鯉鮒」は、「首夏馬市」を『東海道名所図会 巻之三』の「池鯉鮒駅」の図版を参考に描いています。八橋の古跡に昔の面影がないので、別に題材を求めたということでしょう。ただし、「八橋杜若古跡」の図版も参考にしている可能性があります。なぜならが、広重の「首夏馬市」に描かれた、いわゆる「鯨山」に近い山が「八橋杜若古跡」に見られるからです。もとより、保永堂版東海道は構想図ですから、「鯨山」が実際にあるとかないとか、それほど問題視する必要はないでしょうが…。

|

« 「鳴海」 歌川三代豊国 伊勢屋市兵衛 | トップページ | 「岡崎」 歌川広重 伊場屋九兵衛 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/58425544

この記事へのトラックバック一覧です: 「池鯉鮒」 歌川国芳 伊場屋仙三郎:

« 「鳴海」 歌川三代豊国 伊勢屋市兵衛 | トップページ | 「岡崎」 歌川広重 伊場屋九兵衛 »