« 三代豊国、国芳、広重の東海道五十三對 | トップページ | 「大津」 歌川国芳・歌川広重 伊場屋仙三郎 »

「京」 歌川広重 伊場屋久兵衛

55_new_5 「綾にしき 織れるミやこは たてぬきに ゆきかう人も しげき大橋 梅喜」

「三條大橋ハ 東國より平安城に至る候口にして 貴賤の行人常にたへず。皇都のはんくわ この橋上に見へたり。四方の山川名所旧跡 遠近につらなり 展望尽ることなし。」

(文章には読みやすいように適当に空白を入れています。以後、同様。)


 京三条大橋の上に、日傘を肩に置き、鹿子絞りを散らした着物を着る女性と公達姿の京人形を手にする少女が描かれています。女性の髷は、「先笄」(さきこうがい)と呼ばれる上方で好まれた結髪姿です。背景には、鴨川を挟んで、東山の名所風景が描かれていますが、これは、明らかに『東海道名所図会 巻之一』の「平安城 三條大橋」を写したものです。また、歌は、三条大橋の繁栄を織物の経糸(たていと)と緯糸(ぬきいと)を用いて表現しています。

 ところが、詞書きの文章は、秋里籬島『都名所図会』(安永9・1780年刊)からの引用となっています。さらに、『都名所図会』は、三条大橋の擬宝珠には銘があって、その一つに「洛陽三条之橋至後代化度往還人盤石之礎入地五尋切石之柱六十三本蓋於日域石柱橋ノ濫觴乎 天正十八年庚寅正月 日 豊臣初之御代奉増田右門尉長盛造之」とあると記しています。この文章を受けたのでしょう、本作品では、擬宝珠に不分明ですが、何か文字が刻まれています。おそらく、制作者の縁起担ぎの文字のように見えます。

 歌の枠デザインには、「地主」の桜(京都の清水寺境内にある地主神社)、「高尾」の紅葉などの名所が文様のように描かれています。「八○」の文字は不明です。ただし、これが「八拳」ならば、ジャンケンの元祖・藤(東)八拳などの八拳で、紅葉、桜などがそれぞれ競い合っている、美しい京を表現しようとしているのかもしれません。

 後々触れることになりますが、本作品は『東海道五十三對』「日本橋」と対比する表現を採っていて、日本橋に対する三条大橋、日本橋からの江戸城・富士の眺望に対する三条大橋からの東山風景、さらに江戸美人風俗に対する京美人風俗といった具合です。橋から、橋までのシリーズという構成です。

*保永堂版東海道「京師」は、『東海道名所図会 巻之一』の「平安城 三條大橋」を基にしていると考えるべきでしょう。広重が『都名所図会』も併せて参考にしていたとすると、橋脚が石製であったことは知っていたと思われます。ところが、保永堂版東海道では木製の橋脚が描かれています。豊臣政権下で建設された石製の橋脚を意図的に避けたと推測しています。

|

« 三代豊国、国芳、広重の東海道五十三對 | トップページ | 「大津」 歌川国芳・歌川広重 伊場屋仙三郎 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/58356084

この記事へのトラックバック一覧です: 「京」 歌川広重 伊場屋久兵衛:

« 三代豊国、国芳、広重の東海道五十三對 | トップページ | 「大津」 歌川国芳・歌川広重 伊場屋仙三郎 »