« 「日坂」 歌川国芳 伊場屋仙三郎 | トップページ | 「島田」 歌川三代豊国 遠州屋又兵衛 »

「金谷」 歌川広重 海老屋林之助

25_new 「大井川 無事に越しと 島田髷 文のかなやに 告るふる郷 梅屋」


 『東海道名所図会 巻之四』「遠江 金谷」には、「大井川」「大井川 続き圖」の2点の図版があって、広重の保永堂版東海道の「金谷」「嶋田」が同図版に基づいているのは明らかです。しかしながら、『東海道五十三對』の「金谷」は、美人を乗せる駕籠をそのまま輦台で運ぶ川渡り風景で、これは、保永堂版東海道「府中 安倍川」からの発想と思われます。ただし、(大名)駕籠をそのまま輦台で運ぶ構図自体は、同図会「大井川 続き圖」にあります。

 狂歌の「島田髷」は、大井川対岸の「島田」宿の遊女の髪型に由来すると言われ、難所大井川の川越えが無事に済んだ報告の文を「かなや(金谷)」から送ったことと対語にして、洒落ています。島田美人だけに、安倍川よりは、大井川の方が考案上もより優れているでしょう。

*保永堂版東海道「金谷」は「大井川遠岸」で、『東海道名所図会』「大井川」を基本に、視点を反対に向けたものです。

|

« 「日坂」 歌川国芳 伊場屋仙三郎 | トップページ | 「島田」 歌川三代豊国 遠州屋又兵衛 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/58445826

この記事へのトラックバック一覧です: 「金谷」 歌川広重 海老屋林之助:

« 「日坂」 歌川国芳 伊場屋仙三郎 | トップページ | 「島田」 歌川三代豊国 遠州屋又兵衛 »