« 補説2 複数の絵師と版元による合同制作 | トップページ | 誕生 »

補説3 『東海道名所図会』の記事の影響

 当ブログの分析によると、『東海道五十三對』シリーズの過半30点以上は、その詞書きと絵のいずれかを、あるいは両方とも、秋里籬島編、鍬形蕙斎・竹原春斎等挿絵『東海道名所図会』(寛政9・1797年刊)を参考にしています。その他に、歌舞伎、人形浄瑠璃、十返舎一九著『東海道中膝栗毛』などの読み本などが下資料となっています。

 とりわけ強調しておきたいのは、東海道を巡る百科事典とも言いうる『東海道名所図会』の影響が非常に大きく、『東海道五十三對』シリーズのみならず、広重の保永堂版東海道、国貞の美人東海道などを読み解く際にも、当図会を手元に置いて鑑賞することが肝要であるということです。つまり、従来画題や画趣が不分明な作品は、その前提に同図会があったことを思って読み解いてみると、意外にも、その作品の内容がよく見えてくることがあるということです。少なくとも、『東海道五十三對』を通して知り得た各宿場・宿駅の情報を思い出しながら、各種の東海道シリーズの浮世絵を見ていくと、格段に作品の理解が進み、不分明な要素が減るに違いないと感じられます。

 たとえば、広重の保永堂版東海道の「蒲原」を考えてみましょう。『東海道五十三對』は、『東海道名所図会 巻之四』から浄瑠璃姫に関する六本松の故事を援用しています。この記事を念頭に置いて保永堂版東海道「蒲原」の景色を想像してみると、その「夜之雪」は、奥州に旅立った義経を追って「蒲原」で亡くなった浄瑠璃姫の思いを絵にしたものではないかとの思惟が浮かんできます。浄瑠璃姫の死と北国奥州への想いが「夜之雪」景色によって表現されていると考えるならば、もとより、実景図ではなくて構想図ですから、「蒲原」に雪が降るかどうかはそれほど重要ではありません。

 また、広重の保永堂版東海道の「四日市」を考えてみましょう。『東海道五十三對』は、『東海道名所図会 巻之二』から那古海の蜃気楼の話を援用しています。この記事を念頭に置いて保永堂版東海道「四日市」の景色を想像してみると、副題「三重川」に架かる橋からは那古海が鮮やかに見えわたるというのですから、画中に描かれる二人の旅人の背後には那古海が広がり、春夏には蜃気楼が見えるはずです。とすると、作品に描かれる風の様は、伊勢太神宮が熱田宮へ神幸する際の神風かもしれませんし、季節は秋ではなくて、(春)夏の風ということになります。

 当ブログが『東海道五十三對』を取り上げた第一の理由は、『東海道名所図会』の図版はもちろんのこと、まさに記事も、『東海道五十三對』を越えて、保永堂版東海道の構想に思いのほか影響を与えているということを探るためです。この一点を理解していただければ、ひとまずは、当ブログの目的は達成されたことになります。以上を踏まえて、広重の保永堂版東海道が何を具体的に構想していたかについては、他日、改めて、当ブログ上で展開したいと思います。


*すでにブログ上で公開した『浮世絵に聞く!』シリーズは、以下の通りです。

1.『冨嶽三十六景・北斎の暗号』

2.『広重と国貞の東海道五十三次』

3.『国芳の木曾街道六十九次』

4.『三代豊国、国芳、広重の東海道五十三對』

|

« 補説2 複数の絵師と版元による合同制作 | トップページ | 誕生 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/58477669

この記事へのトラックバック一覧です: 補説3 『東海道名所図会』の記事の影響:

« 補説2 複数の絵師と版元による合同制作 | トップページ | 誕生 »