« (七十一) 京都 鵺大尾 | トップページ | 天然霊芝 »

木曾街道六十九驛 目録

版元:湊屋小兵衛 年代:嘉永5(1852)年10月


Kn72 当該シリーズの収集家が一冊の画帳として整理する便宜として出されたのが、この目録と思われます。目録と各作品の主題・主役は基本的には一致していますが、唯一、作品六十九の「草津」だけは、作品は「冠者義高」、目録は「馬士八蔵」となっていて、斬った者から斬られた者へと視点の移動があります。目録が先とするならば、当初の予定とは変わったということでしょう。おそらく、冠者義高を演じた八代目團十郎人気を前面に押し出して、一枚摺作品を販売しようとしたのではないでしょうか。

 同時に、嘉永6(1853)年2月頃、当該シリーズの特別豪華版とも言うべき揃物の版行が計画されていた事実を考慮する必要があります。その一月前が八代目團十郎の「冠者義高」作品の販売時期と推測すると、先の揃物を宣伝するための話題作りに一役買った可能性が考えられるのです。なお、この特別豪華版は、残念なことに、幕府取締の対象になって、版木は没収されて削られ、摺絵も裁断されてしまいました。シリーズ完成から僅かの期間でのことなので、国芳の木曽街道の残存枚数が少ないのは、これが原因と考えられます。この特別豪華版販売のために制作されたのが、『これが江戸錦絵合』という別目録です。詳細は、大久保純一『浮世絵出版論』(2013・吉川弘文堂)127頁以下参照。


*国芳の木曽街道を題材にしたブログ展開も、今回をもって一応の完結といたします。個人的なことになりますが、妻の余命が僅かであることが明確になってから、ブログを書き始めています。これは、何か別のことに集中して、最後の時まで気を紛らわせようと考えていたからです。実質的には、妻の亡くなる前日(6月10日)にブログを書き終えることができました。こんな経緯から、この度のブログ本は妻との闘病生活が残したものであり、そして、まさに妻に捧げるものとなってしまったことをご理解いただければ幸いです。

|

« (七十一) 京都 鵺大尾 | トップページ | 天然霊芝 »

木曽街道六十九次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/57687045

この記事へのトラックバック一覧です: 木曾街道六十九驛 目録:

« (七十一) 京都 鵺大尾 | トップページ | 天然霊芝 »