« 50.東海道五拾三次之内 土´山 春之雨 :土山之圖 | トップページ | 52.東海道五拾三次之内 石部 目川ノ里 :石部之圖 »

51.東海道五拾三次之内 水口 名物干瓢 :水口之圖

Kunisada051_n  国貞は、ここでも『伊勢参宮名所図会 巻之二』「水口」を利用して、宿場内の旅籠、茶屋等を描き、手持ち無沙汰風の女中と客待ちの駕籠屋など、休憩中といった感じに構成しました。外に、六部らしい旅人が歩いています。なお、建物の雰囲気は、視点は変えてありますが、『東海道名所図会』の「目川」の「いせや」に似ているような気がします。さて、これらを背景として、前に立つ振り袖美人の意図はどこにあるのでしょうか。前掲「土山」で紹介した歌舞伎『恋女房染分手綱』の「重の井子別れ」の舞台がここ「水口」であったことを考えると、美人は、重の井が乳人となった調姫(しらべひめ)を彷彿とさせます。

 対照的に、広重は、郊外の「名物干瓢」作りの夏景色としました。広重には、不思議な作業と思われた干瓢作りの紹介です。画題に困ると時々登場する大名行列をここでも描くというわけにもいかないところが、当図の本当の動機と感じられます。東海道シリーズの完結にひた走りですが、包丁一本で、紐のように長く切っていく技とその吉景に、自らの作品制作への思いを重ね合わせているとも思われます。本作品を含めて、あと5枚で完結する、その最初の一枚目です。画面の中央当たりに大木を持ってくる構図は、「袋井」「濱松」など情景重視の作品に多く、また、名物紹介は、「丸子」「二川」「鳴海」など、庶民視線を意識した作品群に相当します。

*掲載作品は、国立国会図書館蔵です。

|

« 50.東海道五拾三次之内 土´山 春之雨 :土山之圖 | トップページ | 52.東海道五拾三次之内 石部 目川ノ里 :石部之圖 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/51727128

この記事へのトラックバック一覧です: 51.東海道五拾三次之内 水口 名物干瓢 :水口之圖:

« 50.東海道五拾三次之内 土´山 春之雨 :土山之圖 | トップページ | 52.東海道五拾三次之内 石部 目川ノ里 :石部之圖 »