« 31.東海道五拾三次之内 舞坂 今切真景 :舞坂ノ圖 | トップページ | 33.東海道五拾三次之内 白須賀 汐見阪圖 :白須賀之圖 »

32.東海道五拾三次之内 荒井 渡舟ノ圖 :新井ノ圖

 舞坂から荒井の宿までの渡舟風景です。周囲に幔幕を張った帆船から、白熊槍、吹貫、台傘、長柄傘などが突き出ているところから大名の一行であることが判ります。手前の船はムシロを帆にして、船頭が漕いでいる中、同乗の中間(奴)達は呑気にあくびをしたり、居眠りをしたりしているようです。同船の竹竿の幟には、丸に竹の版元の紋が染められています。これら船の先には、遠景、「荒井」の関所が見えています。関所や大名一行の緊迫感と供の者の呑気な情景とが対照的な作品です。ちなみに、幔幕の家紋は、藤川の大名行列のそれと同じですので、八朔御馬進献の一行なのでしょうか。左遠方が遠州灘です。

Kunisada032_n  国貞は、広重作品の船中でのんびりする供の者達の様子を受けて、縁台に腰掛け煙管を楽しみつつ、休憩する美人図となっています。国貞描く船頭は、広重のそれに比べて随分と躍動感があります。ところで、前出「川崎」「見附」を思い出すと、舟渡しと参詣の美人姿がセットになっていて、同一の考案によっていることが判ります。今切口ができた際、波除の杭の内側に砂が打ち寄せて島ができ上がり、そこに「今切の渡し」の安全を祈って弁天神社が設けられました。国貞の美人は、その弁天参りの美人と思われます。実際には、女達は、女改めの厳しい「荒井」の関所を避けて、浜名湖を北回りする「本坂道」(姫街道)を歩いたようです。

*掲載作品は、国立国会図書館蔵です。

|

« 31.東海道五拾三次之内 舞坂 今切真景 :舞坂ノ圖 | トップページ | 33.東海道五拾三次之内 白須賀 汐見阪圖 :白須賀之圖 »

東海道五十三次」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/51515918

この記事へのトラックバック一覧です: 32.東海道五拾三次之内 荒井 渡舟ノ圖 :新井ノ圖:

« 31.東海道五拾三次之内 舞坂 今切真景 :舞坂ノ圖 | トップページ | 33.東海道五拾三次之内 白須賀 汐見阪圖 :白須賀之圖 »