« 裏富士「東海道金谷ノ不二」 | トップページ | 広重と国貞の東海道五十三次 »

裏富士「諸人登山」

Hokusai46 富士山頂を目指す富士講の人々が描かれています。富嶽シリーズ46枚中、唯一、富士の山容が描かれていない作品です。また、題名も、「凱風快晴」、「山下白雨」と並んで、特定の場所が明示されていない系列に属します。おそらく、当該シリーズの最後を締めくくる浮世絵として版行されたと推測されます。

 富士溶岩の地肌の色が特徴的ですが、「凱風快晴」の山頂付近の色彩とほぼ同じであることに気が付けば、赤富士命名の由来となったご来光間近の様子を、スケールアップして表現したものであることが判ります。背後の雲が朝焼けでやや赤み始める中、信者の登山・火口廻りなどの景を連写的に描き、難渋した富士登山とその目的達成至近の瞬間を主題としています。

 作品の右上に、信者が籠もっている洞窟が見えますが、富士信仰を普遍化させた行者、食行身禄(じきぎょうみろく)が入定した烏帽子岩の洞窟かと思われます。ご来光を遙拝する信者の姿ではなくて、洞窟で眠る人々の姿を最終章に加えたのは、北斎の理解した富士信仰の根幹に、身禄のそれがあったことを物語るものです。

 少なくとも、裏富士シリーズは、この「諸人登山」の一枚に向けて描かれていたと考えられます。とすると、当該シリーズに道中を旅する人々が多く描かれているのは、その背後に、信者が富士登山する姿が重ねて見据えられていたからにほかなりません。「諸人登山」を意識すれば、そこに至るまでの作品群には、デジャブー(既視感)があったはずです。

 「諸人登山」は、実は、「凱風快晴」の一部であったと推測しています。そうすると、ご来光の中に、金剛杖を持った信者が岩を登り、梯子を上がり、一休みし、岩陰を進み、そして洞窟で眠るという、一連の様が包まれていることになります。すなわち、富士登山に例えられた人の老病死の一生が日神に見守られていること、そして最後は、富士洞窟を経て、ご来光と共に「弥勒の世」に再生して行くことを暗示しているのではないでしょうか。

 ちなみに、作品の右下から中央付近に描かれる信者の日笠を繋ぐと七つ星(北斗七星)となるのですが、これは偶然でしょうか、それとも北辰星に由来すると言われる北斎画号を隠すものなのでしょうか…。

*掲載の資料は、アダチ版画です。

|

« 裏富士「東海道金谷ノ不二」 | トップページ | 広重と国貞の東海道五十三次 »

葛飾北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/47957543

この記事へのトラックバック一覧です: 裏富士「諸人登山」:

« 裏富士「東海道金谷ノ不二」 | トップページ | 広重と国貞の東海道五十三次 »