« 冨嶽三十六景「江戸日本橋」 | トップページ | Zepp Sapporo »

冨嶽三十六景「東海道江尻田子の浦略図」

Hokusai36 東海道吉原宿の沖から、浜の塩焼きと富士を眺望する作品と思われます。田子の浦は、古くからの歌枕の地で、万葉の歌人山部赤人の「田子の浦ゆうち出でて見ればま白にぞ富士の高嶺に雪は降りける」や、大中臣能宣の「田子の浦にかすみのふかく見ゆる哉もしほの煙立やそふらん」などの和歌があります。これら和歌の景色をこの当時の風景と置き換えて描いたのが、本作品でしょう。その意味で、「略図」(やつしえ)とされているのだと思われます。(『冨嶽百景』「文邉の不二」参照)

 もちろん、富嶽シリーズの主題は、浮世に富士世界を発見するところにあるので、近景の二艘の船と富士との結びつきをよく考えてみる必要があります。さて、船体が描く弧と富士の稜線とが相似であることにお気付きでしょうか。船上の人々は富士の稜線上で仕事をしているかのような絵組みとされています。近景の二艘の船、さらに浜に近いところのもう二艘の船も、ともに富士の稜線と相競って、船体のカーブをこちらに見せています。したがって、船に乗っている人達も、気付かないうちに富士の世界に包まれているのです。

 今度は、反対に、富士の稜線を船体の弧と見てみると、富士は天空の二艘の船の間の波しぶきに感じられませんか。残雪の鹿子模様が、藍色の海に跳ねる、白い波しぶきと見えます。もし、富嶽シリーズの最初の一枚が、「神奈川沖浪裏」とするならば、海の波から生まれた富士が、「東海道江尻田子の浦略図」では、波しぶきの富士として成長した姿となって描かれているのです。ちょと、ロマンチックな見方でしょう。「東海道江尻田子の浦略図」という題名は、「駿州江尻」に対して、「東海道江尻」ということですが、富嶽シリーズの三十六枚目、絵の尻(最後)とも考えられます。

 波の富士とそこを漕ぐ船、波のしぶきの富士とそこを漕ぎ進む船、初めと終わりに共通する主題が選ばれているように思うのですが、富嶽シリーズを全体として眺めてみると従来見落とされていた、面白い発見があるように思います。上に述べたことも、その一つと考えています。ちなみに、「浪裏」から始まり、「田子の浦」で終わるという語呂合わせもあります。

*掲載の資料は、アダチ版画です。

|

« 冨嶽三十六景「江戸日本橋」 | トップページ | Zepp Sapporo »

葛飾北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/46653213

この記事へのトラックバック一覧です: 冨嶽三十六景「東海道江尻田子の浦略図」:

« 冨嶽三十六景「江戸日本橋」 | トップページ | Zepp Sapporo »