« 冨嶽三十六景「東海道程ヶ谷」 | トップページ | 冨嶽三十六景「東海道吉田」 »

冨嶽三十六景「隅田川関屋の里」

Hokusai27  「東海道程ヶ谷」は松間の富士でした。それに続いて、本作品は松枝から覗く富士です。近景から中景にかけて、三騎連れだって騎乗疾走する武士の旅姿は、連続写真のような描写として有名です。手前右手にある高札場は、共に千住宿を構成する千住町と掃部宿(関屋)との間にあり、「東海道程ヶ谷」と同様に「結界(境界)の富士」に位置づけられる作品です。

 境界を越えて、(最近の研究で)熊谷堤道と考えられている街道に至ると、富士が松枝の間から見えるという絵組みで、「東海道程ヶ谷」と見比べれば、その同じ趣向はよく理解できることでしょう。なお加えれば、中景の松と高札場背後の木の枝とで額縁のように富士を捉えているのかもしれません。今まで紹介してきた作品とは異なって、騎乗の武士と富士を繋ぐ構図上の糸が、いまいち弱いように感じるのですが、思い過ごしでしょうか。

 実は、本作品では、描かれている富士が「赤富士」である点が重要です。「赤富士」については別に詳しく述べたいと思いますが、富嶽シリーズの「役物」と言われる「赤富士」が、唯一描かれているのが「隅田川関屋の里」なのです。題名となっている関屋の里は、富士講の重要拠点の一つ、千住にある地です。千住の地から「赤富士」が見えるという作品構成は、明らかに富士講の人々を意識したものだと思われます。構図的には富士と近景との結びつきが弱いのは、色彩の「赤」富士によって、千住と富士とを直接結んでいるからにほかありません。なお、赤松の立木、武士の上着や馬の赤茶色等、同系色の相似関係が目を引きます。

 早朝の「赤富士」と領国に急ぐ早馬の景と解説されることが多いのですが、千住から早朝に赤い富士が見えるのでしょうか。見える、見えないにしろ、「千住(関屋の里)の赤富士」であることが富士信仰上重要なのでしょう。もしそうならば、風景画や名所絵の範疇を越えてしまいますが。

*掲載の資料は、アダチ版画です。

|

« 冨嶽三十六景「東海道程ヶ谷」 | トップページ | 冨嶽三十六景「東海道吉田」 »

葛飾北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/46500176

この記事へのトラックバック一覧です: 冨嶽三十六景「隅田川関屋の里」:

« 冨嶽三十六景「東海道程ヶ谷」 | トップページ | 冨嶽三十六景「東海道吉田」 »