« 冨嶽三十六景「東海道吉田」 | トップページ | 冨嶽三十六景「武州玉川」 »

冨嶽三十六景「御厩川岸より両國橋夕陽見」

Hokusai32  隅田川の東岸から両国橋の向こうに、夕暮れ時の富士を見る作品です。墨の天ぼかしが画面を引き締め、残照に照らされる富士の陰影が効果的に描かれています。多くの解説によって、船頭の禿頭を中心に、両国橋と渡し船とが点対称になっていることが指摘されています。北斎にしては珍しく情緒が感じられる作品です。

 近景に富士(神霊)世界を描くのが富嶽シリーズの主題であるというのが、本ブログの視点でした。この見地からすると、近景の渡し船を中心とした庶民生活は、どのようにして富士世界と結びつくのでしょうか。大きなヒントは、両国橋と渡し船とが点対称になっているという従来からの指摘です。北斎が敢えてこのような構図を取り入れたのは、絵画技術の問題からではなく、一定のメッセージが含まれていると思うのです。

 背後の両国橋は、直接富士に繋がっているように描写されています。したがって、点対称である渡し船も富士に繋がっているという含意がそこにあるのです。北斎は、この意を明確にするために、船頭を含め渡し船に乗っている者の視線を富士に向けさせました。それによって、本作品を見る者は、富士とこの渡し船とが結ばれていると理解するのです。船頭の持つ櫓と船体後部とで小さな富士の三角形(△)を作っているのも、それをさらに補強しようとしているのかもしれません。

 両国橋という名によって、此岸と彼岸を結ぶ架け橋のイメージが一層強められますが、その橋と同じ役割を渡し船も担っているからこそ、点対称という絵組みで描かれているのです。一見すると、船上の人々は遠くに夕景の「彼岸の富士」を眺めているようなのですが、じつは、此岸で直接富士世界に触れているのです。それは、船上の蛇の目傘の丸においても再確認されます。富嶽シリーズでは丸(○)は富士神霊の当体を表していました。「深川万年橋下」において、橋の上に描かれた富士と同系色・藍色の傘の丸の役割を思い起こして欲しいのです。

 これは奇策ですが、思い切って本作品を逆さまにして見てみると、船の櫓と手前にある民家の屋根とが渡し船に繋がる富士の三角を作っており、その三角の中で女性が洗濯をしていることに気付きます。この女性こそ、此岸の木花開耶姫命に違いありません。船上で一人の男が手拭いを川の水に濡らしているのも、浮世の木花開耶姫命との繋がりを表すものです。

 それにしても、渡し船の乗客には、船先の渡世人風の者、長い鳥刺し棒を持つ人物、按摩等々、そして山に三つ巴という版元永寿堂の商標紋の風呂敷包みを背負う男など、興味のある人物像が描きこまれています。でも、みんな等しく富士(神霊)世界に抱かれているのですよ、という声がどこからか聞こえてくるような気がします。

*掲載の資料は、アダチ版画です。

|

« 冨嶽三十六景「東海道吉田」 | トップページ | 冨嶽三十六景「武州玉川」 »

葛飾北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/46588697

この記事へのトラックバック一覧です: 冨嶽三十六景「御厩川岸より両國橋夕陽見」:

» 先は長い [ビジネス・ファイナンス情報ニュース]
世界的な金融危機が発生して、アメリカの自動車業界や金融業界が軒並みダメージを受けるまでそれ程時間はかかりませんでした。当然その影響は日本でもすでに出ており、庶民の生活具合からほとんどの人は実感している事でしょう。... [続きを読む]

受信: 2009年11月 5日 (木) 22時00分

« 冨嶽三十六景「東海道吉田」 | トップページ | 冨嶽三十六景「武州玉川」 »