« 冨嶽三十六景「駿州江尻」 | トップページ | 冨嶽三十六景「隅田川関屋の里」 »

冨嶽三十六景「東海道程ヶ谷」

Hokusai30  この作品は、もっと前に紹介しても良かったかもしれません。なぜなら、松間の富士に似た構図をすでにいくつか解説していたからです。たとえば、「武州千住」では、水門の柱が二本対になって四組・計八本立っていますが、本作品でも、二本ずつの松が四組・計八本立っています。そこから覗く富士の絵組みは、富士神霊の在りどころを示す、鳥居見立ての構図として説明できるからです。

 また「武州千住」では、画中の人物が富士に視線を送っていました。本作品でも、馬子が富士に視線を送り、富士と東海道保土ヶ谷(品野坂)とを結びつけています。こうして、浮世絵を見る者は、道中、富士との一体感を持つことができると思うのです。

 一方、先の「武州千住」とは異なるところがあります。それは、諸国や道中を描く際の北斎の特徴として、庶民信仰の施設が加えられているところです。すなわち、本作品では、近景の右側に、庚申塚(青面金剛)の石像が描かれ、虚無僧が見上げているようなのです。これは、村や国境に建てられる一種の結界で、村内・国内を守り、また旅の安全を守ってくれるものです。本作品の場合では、武蔵と相模の国境と思われますので、武蔵を離れ、その結界地に立った瞬間、もうすでに富士と出会い、富士と共に旅を送ることができる安心感を絵の趣向としているのです。前回の「駿州江尻」の祠もそのような役割において描かれていたのでしょう。

 本作品で、女性の乗る駕籠の駕籠かきが草鞋を直しているのも、富士世界に守られている安心感を醸し出す工夫です。河村岷雪『百富士』「程ヶ谷」からの着想という指摘もありますが、富士信仰を絵画表現するものであって、視点が異なります。つまり、「新規の工夫」があるということです。ちなみに、尻に鈴を付けた馬には、版元永寿堂の商標(山に三つ巴・壽)が入れられており、本作品が商用の浮世絵であったことを再認識する次第です。

*掲載の資料は、アダチ版画です。

|

« 冨嶽三十六景「駿州江尻」 | トップページ | 冨嶽三十六景「隅田川関屋の里」 »

葛飾北斎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/197953/46492559

この記事へのトラックバック一覧です: 冨嶽三十六景「東海道程ヶ谷」:

« 冨嶽三十六景「駿州江尻」 | トップページ | 冨嶽三十六景「隅田川関屋の里」 »