柳橋芸者の意気地(いきじ)

59_2
『江戸名所百人美女』「第六天神」
絵師:歌川(三代)豊国
版元:山口屋藤兵衛
形式:大判錦絵
年代:安政5年2月

こま絵:歌川(二代)国久

 こま絵「第六天神」は浅草橋と柳橋の北にあって、本作品に描かれる美人はまさにその柳橋芸者と思われます。潰し島田で、中剃りがあり、前髪を短く括って左右に分けており、若いお侠(きゃん)な美人と判断されます。結綿、櫛、簪などの赤色も若さを強調するものです。他方で、帯は宝相華柄のかなり高級そうな品物です。着物は青海波の地紋に白と薄紫(?)の市松模様の小紋で、五三桐の紋が入っています。裾回しには縹色(はなだいろ)という淡い藍色が使われ、その裏地に赤い瓢箪が描かれるという奇抜なデザインです。何よりも気になるのは、美人が左腕に付けている濃紺の腕輪のようなものです。これは腕守りというもので、起請文や神仏のお札が縫い込まれたお守りの一種なのです。芸者筋に流行りましたが、浮世絵では恋人がいることの暗号として使われることが多いと言えます。

 こま絵「第六天神」のある「柳橋」の芸者を描くのはもちろん自然なことですが、美人絵の大家・三代豊国がそれだけの趣向で満足するとも思えません。そこで、もう少し深読みをすると、着物の裾の裏地にある、縹色に瓢箪の意匠が注目点となります。すなわち、これは、水に浮かぶ瓢箪を表し、「水に瓢箪」、「瓢箪の川流れ」という言葉があるように、移り気な芸者姿を暗喩していると考えられます。また、着物の青海波の地紋に白と薄紫の市松模様は隅田川の流れと水飛沫を、帯の宝相華柄は河畔に咲く花・柳橋芸者をそれぞれ表現しています。これに腕守りの意味を組み合わせると、隅田川に咲く花・柳橋芸者は、裏に移り気なところもありますが、一人の恋人に誠を尽くす意気地を隠し持っていると読めることになります。浮世「絵」というのは、これだけのメッセージを一瞬にして伝えることができます。

 「浮世絵ってすごい!」、「浮世絵師って最高!」と再認識します。


 現在、『江戸名所百人美女』を題材に長野県カチャーセンターで浮世絵講座を開催しており、それにあわせて、その内容をブログにも順次アップしていく考えでいます。本作品の解説も改めて詳細に行います。新しい視点での講座報告ができるのではないかと自身でも楽しみです。


*参考文献
『江戸名所図絵5』(ちくま学芸文庫p289)
切絵図『東都淺草繪圖』

*画像は、国立国会図書館所蔵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蛍狩りと名月

Genjie_yoshitora

『雪月花之内 秋の月』
絵師:歌川(一猛斎)芳虎
彫師:片田彫長
板元:丸屋鉄次郎
形式:大判3枚続
年代:文久2(1862)年10月

 源氏絵は、柳亭種彦の『偐紫田舎源氏』の挿絵を歌川国貞(三代豊国)が担当したところから、絵自体が人気を博し独立発展した経緯があるので、その読み解きに際しては、原典である紫式部『源氏物語』や柳亭種彦『偐紫田舎源氏』などの名場面と対比することが多いと言えます。しかしながら、同じ源氏絵の形式を採る作品であっても、たとえば、原典紹介、徳川将軍家の生活案内、名所紹介、事件の暗示、その他宣伝広報など、その主目的をいくつかの類型に分けることができます。

 本作品『雪月花之内 秋の月』は、秋の名月を題材にしているにもかかわらず、華麗に描かれているのは、夏の蛍狩りの場面です。この季節のずれをどう理解するかが問題です。『江戸名所図会4』(ちくま学芸文庫p146、p147)に「落合土橋」の紹介があって、「この地は蛍に名あり。形おほいにして光も他に勝れたり。山城の宇治、近江の瀬田にも越えて、玉のごとくまた星のごとくに乱れ飛んで、光景もつとも奇とす。夏月夕涼多し」とあり、同図会に掲載される図版「落合土橋」には(同所p158、p159)、大変示唆的な解説が付されています。すなわち、「草葉にすがるをば、こぼれぬ露かとうたがひ、高くとぶをば、あまつ星かとあやまつ」とあり、続けて、「秋の田の露おもげなるけしきかな」と謎かけて、それを「」と読み解いています。つまり、夏の蛍の情緒を秋の星や秋露の風情と見ているのです。本作品はこの考案をひっくり返して、秋の名月、星々、さらには露を逆に蛍に見立てていると考えられます。秋の夜空に輝く名月の風情、夏の蛍狩りの如しというわけです。

 秋の寂寥感ではなく、このような賑わしい夏の幻想的表現を本作品が採ったのは、決して偶然ではなく、意図的なことと思われます。なぜならば、本作品が制作された文久2年(1862)の2月11日、皇女和宮と徳川家茂との婚礼があったからです。公武合体の気風は、本作品だけではなく、この時期の源氏絵一般の制作動機に影響があったものと推測されます。ましてや、絵師芳虎は、幕末の時流のあり方を何かと揶揄する国芳一派の高弟であることも忘れてはなりません。一番大きな光を放つ名月を(源氏)蛍の光と看做せば、それは光氏=徳川将軍(家茂)の威光の大きさを表すものと考えられますし、他方で月を和宮と看做せば、それを蛍狩りする光氏=徳川将軍(家茂)の姿が象徴的に描かれていることになります。この読み解きは、徳川将軍家の私事に立ち入り、いささかリスキーかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曽海道六拾九次に聞く!

◆おわりに

 広重・英泉の木曽海道六拾九次は、構造的には、保永堂版東海道五拾三次(55枚)に15枚を加えた70枚と考えた方が理解しやすいと言えます。つまり、55枚の部分は、英泉と保永堂とがタッグを組んで主導権を握り、木曽街道ブームという2匹目のドジョウを狙ったということです。ところが予想外にも、英泉を頼みとできない事情があったのか、早い段階で広重が参入することになり、55枚の完成それ自体も大変苦労する始末です。55枚を超えた残り15枚部分に保永堂が本当に関心があったのか疑問ですが、その余の部分は、結局、広重と錦樹堂との組み合わせで何とか完成に至ります。経緯を考えると、木曽海道六拾九次は広重と錦樹堂の功績と判断して良いのではないでしょうか。

 中山道を旅する重要な目的の1つに善光寺参りがあります。しかし、善光寺道と中山道は追分宿で分岐する結果、庶民に関心の高い善光寺道沿いのいくつかの名所が木曽海道六拾九次から排除されてしまいます。たとえば、川中島(合戦)、善光寺、更級・田毎の月などです。ところが、『岐蘓路安見絵図』や『東海木曾兩道中懷寳圖鑑』を見ると、追分から塩尻(洗馬)の間の中山道の北側に善光寺道が並行して描かれていて、道中絵図を売るには善光寺道を無視できないことが判ります。とすれば、木曽海道六拾九次を制作する絵師も同じことを考えるはずで、中山道の各情景を描く際、善光寺道の名所情緒を取り入れて表現するであろうことが想像できます。「小田井」で善光寺、「岩村田」「塩名田」で千曲川・川中島(合戦)、「望月」「芦田」「長久保」で更級・田毎の月の情緒を読み込む所以です。

 木曽海道六拾九次に一番ゆかりのある人物と言えば、木曽をその名に背負う「朝日将軍木曽義仲」です。名月、驟雨などの背後に、木曽義仲およびその一族の思いが仮託されていないか度々確認してきたところです。生前の朝日(将軍)と亡き後の名月という対比構造は、絵師にはかなり魅力的な題材と思われます。

 中山道を木曽街道と呼ぶのは、まさに木曽路を通るからです。その木曽路が始まる「本山」「贄川」では、その重みを意識した作品の読み解きが必要になります。また、木曽路を終え、美濃路が始まる「落合」において、広重のスケッチ帖を元絵とする作品が開始されることも象徴的です。美濃路は、刻々と「関ヶ原」に近づいて行くため、今日、私達が思う以上に絵師は相当気を遣って考案しているはずです。そのため、各作品をスケッチ帖に基づく実景描写であると安易に評価することだけは避けるよう努めました。もちろん、広重のスケッチ帖は、浮世絵制作の機微を知ることができ、大変、意義深いものがあります。しかし、構想作品であろうと、実景作品であろうと、浮世絵に変わりはないので、制作・営業意図や商品性という部分を見落とさないように作品を見つめました。その結果、構想作品にも有用な事実情報が提供されていること、実景作品にも深い構想が施されていることがそれぞれ判りました。

 最後は、自画自賛になってしまいましたが、木曽海道六拾九次に何度も問い(聞き)続けた結果、従来にはない新しい見方が得られたのであれば、望外の幸せです。(完)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木曽海道六拾九次一覧

61groupe


62groupe

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まぼろしの山城国 「三條大橋」

広重の狂歌絵本『岐蘇名所圖會』初篇(嘉永4・1851年~) 春友亭


Photo 広重・英泉の木曽海道六拾九次には、残念ながら、山城国「三条大橋」もしくは「京師」の図はありません。保永堂版東海道の「京師」副題「三條大橋」で代替する趣旨かもしれません。また、制作上の制約という観点で言えば、日本橋1枚と宿場69枚の計70枚の偶数は、見開き2枚1組の画帳を念頭に置いた場合、作品数としてはちょうど良い枚数になります。ただし、もし、木曽海道シリーズに該当作品があれば、どんな名所絵になっていたのかは興味のあるところです。なお、上記は、広重の狂歌絵本『岐蘇名所圖會』初篇に描かれる作品です。人物群は、保永堂版東海道「三條大橋」とほぼ同じで、人物の向きを反対にとって表現されたものとなっています。被衣(かずき)を被った公家の子女と下女に日傘を差しかけて貰う商家の子女が擦れ違う様が描かれ、その前後にやはり日傘を差す武士と茶筅(ちゃせん)売りが歩いています。背景に、比叡山、日ノ岡山、粟田口が見えています。

 ちなみに、後掲『岐蘓路安見絵図』(三条橋)には、「平安城は山城国愛宕郡宇多の邑にあり。桓武天皇の帝の時、山城の国長岡の京より今の都に宮所をうつさせ給ふ」と記され、愛宕山を背景に二条城が描かれています。


*注1:『岐蘓路安見絵図』(三条橋)

A71

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«70 近江国 「大津」